SSブログ

ボウケンジャー Task.42 [轟轟戦隊ボウケンジャー]

「ボウケンジャー」42回目です。
クエスターの巨大ホムンクルスに翻弄されたボウケンジャーと、次元の狭間で母・ケイに言いなり(?)の映ちゃん。
今回この2つのストーリーが、どう展開されるのでしょうか。

Task.42 クエスターの時代
☆脚本:大和屋暁/監督:諸田 敏
☆あらすじ:クエスターの恐るべき作戦… それは、プレシャス=メルクリウスの器を使って3つのプレシャスを融合、究極の人工生命体ホムンクルスを生みだすことにあった!
ホムンクルスの圧倒的な能力は、アルティメットダイボウケンとズバーンだけでなく、これまで無敵の力を誇ったダイボイジャーまでも撃破してしまう。
対抗する手段を失ったボウケンジャーは、クエスターの破壊活動を見ていることしかできないのか? 傷だらけの暁はなにかを決意するのだが…
一方、オウガによって石化され、魂を次元の狭間に飛ばされた映士は、母親ケイと劇的な再会を果たしました。しかし、そこは二度と帰ることのできない終わりの場所… 映士はケイとともに永遠の時を過ごさなければならないのでしょうか? そして、それは母親ケイの本当の望みなのでしょうか?
絶望的な状況のなか、世界の命運をかけた絶望的な戦いが、今、始まろうとしています。
(「ボウケンジャー」東映公式サイトより)

クエスターのホムンクルスにコテンパンにされ、ロボ2体とズバーンはボロボロ。
おまけに、5人揃って負傷したことに「命令違反しなかったら、こんなことは避けられた」と、ミスターボイスは御冠のようで…
一方クエスターコンビは、ボウケンジャーを倒したのをいいことに、ホムンクルスで街中を破壊しまくり、やりたい放題の状態です。
クエスターの暴挙をなんとでも阻止したかったチーフは、単独でサイレンビルダーを出動させます。
しかし、戦力の差はホムンクルスのほうが圧倒的で、まったく歯が立ちません。そこで、チーフはサイレンビルダーを自爆させ、ホムンクルスを倒そうとします。
でも、そのことに気づいた4人が現場に駆けつけ、自爆を阻止します。
仲間の言葉に勇気付けられたのか、チーフは改めて5人全員でホムンクルスと戦うことを決意しました。

その頃、次元の狭間で母親のケイと暮らしていた映ちゃん。やはり、現実世界の様子が気に掛かったのか、元の世界に戻ることを話します。
すると、ケイの様子が急変し、なんと2週間前に倒したはずのオウガの姿に変わってしまいます。
映ちゃんは、オウガが作り出したケイの幻を見ていたのです。
18話でチーフが見ていた、柾木の幻と同じ展開ですな(爆)
映ちゃんを現実に戻らせまいと、必死に抵抗をするオウガ。
すると、どこからか本物のケイの声が聞こえ、映ちゃんの目の前に錫杖が現れます。
映ちゃんはそれを手に取ると、オウガを根滅。同時に、映ちゃんは元の世界に戻ることができました。

元の世界では、ボウケンジャーが応急処置をしたダイボウケンに、サイレンビルダー、ダイタンケンと今使える戦力を総動員してホムンクルスに立ち向かっていました。
しかし、それらをもってしてもホムンクルスにかなうはずもなく、絶体絶命のピンチに追い込まれています。
そこに、映ちゃんがゴーゴーボイジャーで駆けつけ、6人全てが揃いました。
ボウケンジャーは、ボイジャーダイボウケンでホムンクルスを一刀両断!遂に最強のホムンクルスを倒すことができました。

その場を逃げ出し、メルクリウスの器で新たなホムンクルスを作ろうとしたクエスターコンビ。
しかし、そんな2人の前にボウケンジャー6人が立ちはだかります。
シルバーに変身した映ちゃんは、ガイと1対1の対決に挑み、サガスナイパーでガイをノックアウト!
一方のレイも、チーフ達5人のデュアルクラッシャーで倒し、プレシャスを回収。
クエスターコンビは年を越すどころか、クリスマスの声も聞かぬまま退場と相成りました。合掌。

こうして、長年の宿命に決着をつけた映ちゃんは、クエスターの墓を立て2人を葬りました。
今後はボウケンジャーの一員として、プレシャスをめぐる新たな冒険に思いを馳せる映ちゃんでありました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(19) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

ワンダバ・ダン

初めまして、TBでお世話になってます。今回もTBありがとうございました。
最初間違って別の記事のTBを送ってしまいました。申し訳ありません。

クエスター、一番後に登場したのに一番早く退場なんて、
ちょっと切なく思いました。
by ワンダバ・ダン (2006-12-17 22:40) 

naitou-sou

こちらこそ、お世話になっております。

>クエスター、一番後に登場したのに一番早く退場なんて、
ちょっと切なく思いました。

あの2人は「悪いこと」を一番徹底的に楽しんでいたみたいでしたからねぇ。
by naitou-sou (2006-12-17 23:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。